アクセスランキング

Powered by Six Apart

2020年2月 1日 (土)

義肢セミナーを開催します

2月29日~3月1日に開催を予定しておりました「義肢セミナー(鹿児島)(福岡)」は、国内で発生している新型コロナウィルス感染症の感染拡大による皆様の健康被害等を考慮し、大変遺憾ではございますが開催を中止する事となりました。

参加をご検討してくださっていた皆様には大変ご迷惑をおかけし申し訳ございません。

ナブテスコ社との共同企画、義肢セミナーを今年も開催いたします。

2015年より行っているこの企画ですが、累計参加者400名を突破する医療従事者向けの義足パーツ、製作テクニックをご紹介するセミナーで、今回で第11回を迎えます。

当社義肢装具士が臨床の観点から製品を紹介するので、より実践的な内容で、過去の参加者からも大変ご好評を頂いております。私共もできるだけ、参加者とコミュニケーションをとりながらセミナーを進められるよう、実際の臨床でありそうな問題点等を提示しながら、また展示ブースでサンプルを触って頂けるよう企画しております。

Img_20170609_163111tile過去セミナーの様子

 

今回のセミナーの目玉は、エクステンドフットの開発者でもあるクリストファー リンデさんをスウェーデンからお招きし、講演をして頂きます。

クリストファーさんは、2006年、17歳の時に鉄道事故で両足、左腕を失うも、パラリンピック北京・ロンドン大会 競泳に出場。その後エンジニアとして義足パーツ開発に取り組み、起業。自ら理想とする義足足部「エクステンドフット」を開発し、世界中に販売を展開しています。その他にも義足ユーザーならではの視点でユニークな義足パーツを開発している方です。

セミナーの休憩時間などでは、クリストファーさんと直接お話しできる時間もあると思いますので、ご興味のある方は是非ご参加ください。

2020gishiseminar

 


【セミナー日程】
2020年2月29日(土) 鹿児島会場 10:00~15:00
2020年3月1日(日)  福岡会場 10:00~15:00

※セミナー対象者は義肢装具士、製作技術者、理学療法士等医療従事者のみとさせて頂きます。

各会場とも定員がございますので、お早めにお申し込み下さい。

クリストファー リンデさんのSNS

Icon_youtubeChristoffer Lindhe

Fb_icon_325x325Christoffer Lindhe


Photo_3

Top_20mobileapps_4

2020年1月29日 (水)

前足部切断者への新しいアプローチ

前回アラードAFOについて、種類などを説明しました。

基本的に、「アラードAFO」は下垂足の患者様用の装具なのですが、アラードAFOシリーズの中でも一番剛性の高い(硬い)ブルーロッカーを前足部切断者への義足の一部として利用するケースが増えてきているので、それについてご紹介します。

Partialside

 

20130311_190530side_2

 

 

前足部切断で生じる問題

1.十分な推進力を得る事ができない。

Pt5_2

ウィンドラス機構が機能していると、MP関節伸展に伴う足底腱膜の巻き上げにより足部のアーチが緊張し、足部の剛性が高まり推進力が増加します。しかし前足部切断のケースでは、この機能が有効に働かないため、十分な推進力が得られません。

2.断端末部に大きな摩擦が生じる。

Pt7

健常者の足部ではレバーアームの長さと下腿のバランスが保たれているので、摩擦は生じません。しかし、前足部切断のケースでは、レバーアームの長さが短くなり、下腿の力が勝り、断端末部に摩擦が生じ胼胝等の原因になります。

Photo

ブルーロッカーを使用すると

推進力の復元と断端末部の摩擦を軽減します。

Pt999

フットプレートと脛骨前面のシェルがレバーアームの長さを補完し、反発力を生み出し、十分な推進力を得る事ができます。

また、つま先まで長さがあるフットプレートにより、圧力がフットプレートの遠位にかかり、断端末部での摩擦を軽減させます。

Pt10

素材であるカーボンの反発力と製品形状の特徴を利用することにより、以下のメリットがあります。また、断端にもよりますが、試着ができるのも特徴だと思います。

  • 推進力の復元

  • 歩行スピードの向上

  • 断端末部での摩擦の軽減

Bluerockerpartialfootside_2

 

 

切断部位によっては、健足との脚長差や底屈可動域を考慮し、ソケットを製作する必要があります。

Pt21side_4


ユーザー様からは以下のようなコメントを頂いております。

  • 左右バランス良く歩くことができる。
  • カーボンの反発があるので、長い距離歩いても疲れない。
  • 体重移動の途中で力が抜ける感覚が無くなった。
  • 見た目にも左右の足の運びに違和感が無く、家族からも喜ばれた。

ブルーロッカーの種類

ブルーロッカーには以下の3つのモデルがあります。ユーザー様の体格や利用する靴の踵の差高を考慮し、モデルを選択して下さい。その他アラードAFOについては、こちらをご参照下さい。

Brlineup_4

Image002参考文献:アラード社 PARTIAL FOOT - AN ILLUSTRATIVE GUIDE


Photo_3

Top_20mobileapps_4

2020年1月24日 (金)

カーボン製短下肢装具の種類について

2020年1月13日(月・祝日)、東京ステーションコンファレンスにて開催された、シャルコー・マリー・トゥース病(CMT)市民公開講座にカーボン製短下肢装具のアラードAFOを展示出展したことを前回ご報告いたしましたが、それ以来、装具の試着依頼を頂く件数が増えて参りました。

Allard32_2イメージ

シャルコー・マリー・トゥース病のケースでは、ブルーロッカー2.0、ブルーロッカーショートという剛性の高い(硬く、支持性のある)タイプを利用されることが多いのですが、アラードAFOシリーズにはその他にも沢山のラインナップがあります。ご利用者の麻痺の状態、安定性、活動度、必要な支持性、体格を考慮の上、最適な製品を選択できます。

装具を購入決定する前に、試着できるのもアラードAFOの特徴の一つですので、先ずはご試着頂ければと思います(装具を購入する際には、装具士による適合フィッティング作業が必要です)。ユーザー様にもよりますが、この装具を試着して、歩きやすさ、バランスの取れ易さ、安定感を感じられる方にとってはQOLの向上に役立つ装具だと思います。

Toeoff

歩きやすい装具ですので、実際にアラードAFOを装着して歩いてみませんか。

アラードAFO試着について、

田沢製作所(東京都文京区)内にてブルーロッカーショートやトーオフをはじめアラード社AFOの試着ができます。
試着希望はこちらをクリックして予約画面にお進み下さい。

※病院関係者様へ、貴院出入りの補装具製作会社様を通じて試着品貸し出しが可能です。詳しくは装具士様へお尋ね下さい。

ちなみに、アラードAFOシリーズとそれぞれの特徴は以下の通りです。

3_1_3

Lineup3

【製品選択の目安】

1.剛性の異なるタイプ(イプシロン、トーオフ、ブルーロッカー)から利用者に最適なタイプを選択して下さい。剛性が低いタイプほど柔らかくたわみます。剛性が高いタイプは硬く、支持性、反発力が大きくなります。

  • イプシロン:軽度の下垂足
  • トーオフ:中程度の下垂足
  • ブルーロッカー:中~高程度の下垂足、両側ユーザー、前足部切断


2.モデル毎に構造的高さや踵の差高等が異なります。利用者の身体的機能、特徴や使用する靴に合わせてモデルを選択して下さい。

  • フローモデル:フットプレートが柔らかくたわみ、前後への可動域があります。
  • 1/2モデル:踵の差高が低く(7mm)、スニーカー、リハシューズ向き。
  • 2.0モデル:踵の差高が高く(12-16mm)、ビジネスシューズ、ドレスシューズ向き。
  • ショートモデル:踵の差高が低く(7mm)、また構造的高さも低いので小柄な方でも利用可能。
  • 小児モデル:小児用サイズ。剛性の異なるキディゲイトとキディロッカー

Photo_3

Top_20mobileapps_4

2020年1月16日 (木)

2020年シャルコー・マリー・トゥース病(CMT)市民公開講座に参加して参りました。

2020年シャルコー・マリー・トゥース病(CMT)市民公開講座に参加して参りましたのでご報告いたします。


日時:2020年1月13日(月・祝日)
会場:東京ステーションコンファレンス(サピアタワー6階 602)

2001cmt2シャルコー・マリー・トゥース(以下CMTと称する)は抹消神経が障害される疾患の総称です。「CMTの治療向上に関するエビデンスを構築する研究」を行っている先生方が主催するCMT市民公開講座にて、アラード社AFOを展示紹介するために、昨年に続き今年も弊社から田中と福田の2名で参加して参りました。

今年も100名を超える方が参加されておりました。

2001cmt3会場内に展示ブースを設けさせて頂き、アラードAFOの展示と試着会を行ってまいりました。以前よりCMT患者様にアラードAFO、特にブルーロッカーショートタイプをご利用頂くケースが多く、今回もその試着品を沢山持ち込んで多くの皆様に試着体験して頂きました。

2001cmt1_2ご試着頂いた方からは、「歩きやすい装具だ!」「反発を感じるので長い距離があるけそう」「自然な立位保持ができる」といった声を頂きました。

アラードAFOは、まさにその通りで、歩くための装具です。通勤やお買い物等日常の行動をサポートしてくれる装具です。しかも市販の靴をそのまま利用できるので、見た目もスマートで外観を気にされる方にも受け入れが良い短下肢装具です。

 

Smalltoeoffshorthorzこのカーボン製短下肢装具は、簡単に試着ができるのも特徴です(最終的には装具士様の適合納品が必要)。当社にお越しいただければ、ブルーロッカーショートをはじめ、アラードAFOを試着体験できます。

アラードAFO試着について、

田沢製作所(東京都文京区)内にてブルーロッカーショートやトーオフをはじめアラード社AFOの試着ができます。
試着希望はこちらをクリックして予約画面にお進み下さい。

※試着には必ず予約が必要となります。
※病院関係者様へ、貴院出入りの補装具製作会社様を通じて試着品貸し出しが可能です。詳しくは装具士様へお尋ね下さい。


Photo_3

Top_20mobileapps_4

2019年12月 1日 (日)

汗の問題にお悩みの方に最適な義足用ライナー

今回ご紹介する製品は、アメリカのウィローウッド社が製造販売している義足用ライナーの「アルファ スマートテンプライナー」です。

Alphasmarttemprgb

ライナー式義足を使用されている方で、ライナー装着時の発汗でお困りの方は大変多いと思います。

Ase

この製品はシリコーン製の義足用ライナーで、アウトラストという技術を使用し断端の熱を吸収し、肌の温度を快適に保つという特徴のある製品です。

Ww_smarttemp_bk_duoblue_0001

こんなロゴを見たことありませんか?

Outlastlogo_2

アウトラストは元々はNASAの宇宙服などのために開発された技術だそうです。

最近では寝具やアウトドア用品等にも採用されている温度調節を可能とする技術で、その技術を義足ライナーに採用したのが「アルファ スマートテンプライナー」です。

このアルファ スマートテンプライナーを装着することにより、断端からの熱をライナーが吸収し、発汗を遅らせます(発汗を止めることはできません)。肌の温度が下がればライナーに吸収されていた熱を放出し、断端表面の温度を終日一定に保ちます。

How_it_works_graphic

アメリカでは、このライナーを使用した研究調査がされており、スマートテンプライナーとプラセボを使用した比較実験の結果、スマートテンプライナー装着時の方が断端表面温度の上昇と発汗量が抑えられたと報告されています。

Photo

Arrow38017_2

完成用部品に申請する際に、実際にユーザー様にテスト頂くのですが、印象的なお話を伺うことができました。

その方曰く、夏は毎日ライナー装着時の汗の問題に悩んいたそうです。朝の通勤で、会社に着くと義足とライナーを外して、タオルで断端とライナーを拭くのが一日の始まりと言っておられました。しかしスマートテンプライナーを装着したら、その手間が不要となり、快適になったと喜んでおられました。

義足用ライナー装着時の汗の問題でお悩みの方がおられましたら是非ご検討頂きたいライナーです。

完成用部品に登録済みなので、公的支給の対象です。

Pdflogoサイズ等、詳しくはこちらのチラシをご覧ください。

メーカーサイトに動画での紹介がありましたので貼っておきます。英語ですがご覧ください。

2019年11月19日 (火)

スポンジ屑が出ない義足用フォームカバーのご紹介

台湾のテーリン社製大腿義足用EVAフォームカバーをご紹介します。

Tfcdf1_3

義足ユーザーにとってはパーツの機能も大事ですが仕上がった義足の外観も重要です。一般的にはスポンジ状のものをユーザーの健足側の形状に似せて削り、義足パーツの上に被せて義足を完成します。  

今回ご紹介するテーリン社TFC-DFは、おおよその型だし済みで、スポンジ屑が出ないEVA製フォームカバーです。

good

ユーザーさんへのメリット

Tfc6_3他のスポンジ素材のフォームカバーよりもヘタリにくいEVA製で耐久性があります。劣化と共にスポンジ屑がでないので衛生的です。また膝周りがジャバラ状になっているので、膝継手の曲げ伸ばしの機能への干渉が少ないのも特徴です。椅子に座った時の形状も良いと思います。

shine

装具士さんへのメリット

Tfcdf3horz_2おおよその型だし済みなので削り出す作業時間を短縮できます。内部は他社製膝継手にも対応する空間があります。もちろん長さや足の太さ等はユーザーに合わせる必要がるので、手直し加工は必要になります。

このようにTFC-DFはユーザー様にも、装具士様にもメリットのあるフォームカバー製品です。

義肢パーツはパーツ毎に耐用年数が定められており、義足用フォームカバーの耐用年数は「0.5年」となっております。各種公的制度をご利用しての作り替えや修理に関しては、先ずは、お係りの装具士さんにご相談下さい。


Photo_3

Top_20mobileapps_4

2019年10月10日 (木)

ISPO神戸 当社取引先ブースにご来場ありがとうございました

2019年10月5日~8日に神戸コンベンションセンターにて開催されました「第17回ISPO世界大会」ではご多忙の折にもかかわらず弊社取引先「アラード社」、「リンデエクステンド社」ブースにお立ち寄り頂き誠にありがとうございました。

Img_0740リンデエクステンド社ブース

Img_0731アラード社ブース

ご紹介製品についてご要望、ご質問等がございましたら、お気軽にお問合せ賜りますようお願い申し上げます。

またアラード社におきましては、来月、「神経麻痺による下垂足に対する新しいアプローチ」と題しカーボン製短下肢装具を紹介する医療従事者向けセミナーを東京で開催する事が決定いたしました。

Toスウェーデンより講師が来日してのセミナーです。ご興味のある医療従事者様におかれましては、是非ご参加くださいますようお願い申し上げます。

参加申し込みはこちらの案内をダウンロードの上、必要事項をご記入いただきお申込み下さい。席に限りがございますので、お早目にお申込み下さい。


Photo_3

Top_20mobileapps_4



2019年9月27日 (金)

いよいよISPO神戸大会

いよいよISPO神戸大会まで一週間となりました。

当社からは私田中と福田、田村が、取引先(アラード社とリンデエクステンド社)の展示のお手伝いに行くので、展示会場に張り付いている予定です。現在配布する資料などを急いで用意しております。

enter

公式サイトをのぞいたところ、学術大会のプログラムや展示ブース一覧が掲載されておりました。展示会だけ見に行かれる方も多いと思いますので、リンクを貼っておきます。Exhibitor Directory.ちなみに展示会一日券の販売があるそうです。

EXHIBITOR DIRECTORYの中を見ると、世界各国から義肢装具に関するサプライヤーが150社以上も出展するようです。日本の会社も40社程出展されています。時間があったら私も展示会場を見て回ろうと思います。

Exhibitiordirectory

当社取引先、アラード社のブースがホール2 B08、リンデエクステンド社のブースがホール2 C17aとなっております。近くにはナブテスコさんやオズールさんのブースもあるので賑やかな場所にちがいありません。ご来場の際には是非私共が担当しているブースにもお越しください。

また、期間中、スウェーデン アラード社が「State of the Art in NEURO ORTHOTICS TREATMENT」と題しワークショップを開催いたします。

Toeoffrom

カーボン製短下肢装具「アラードAFO」をはじめ、神経疾患に対する最新の装具製品をご紹介します。

北欧にとどまらず、世界各国で利用されている装具をご紹介いたします。また、スウェーデンからスタッフが来日しますので、直接ご質問、意見交換などを持てる時間もございます。

日時:10月5日(土) 15:30 – 16:15
場所:Exhibition Hall 3
テーマ:State of the Art in NEURO ORTHOTICS TREATMENT

展示会のチケットがあれば当日のワークッショプの参加が可能だそうですので、お時間がある方は是非ご来場ください。


Photo_3

Top_20mobileapps_4

2019年9月13日 (金)

ISPO神戸大会のご案内

2019年10月5日から8日に、神戸コンベンションセンターにて第17回国際義肢装具協会(ISPO)世界大会が開催されます。

Ispo_2019http://www.ispo-congress.com/


 
ISPOは医師、義肢装具士、エンジニア、理学療法士、作業療法士、介護職など多職種で構成され、義肢装具関連技術の向上と教育の普及・標準化をめざして活動する団体です。2年ごとに国際学術会議を世界各地で開催しており、今回の開催地は日本の神戸で、約70カ国から数千人が参加されるそうです。

Ispo_chirashi2_page0001

今大会のテーマは「Basics to Bionics(基礎からバイオニクス)へ」で、日本からも沢山の方が演題発表されます。国際学会なので発表は英語だそうです。凄いですね。当社の田村君も発表するそうです。

学術大会に併設される展示会には、私共、田沢製作所の海外サプライヤーさんが数社出展されるので、私も展示のお手伝いに行って参ります。学術大会に参加されなくても有料で展示会場に入る事はできるようです。おそらく展示は海外メーカーが多数出展され、外国のスタッフさんが展示ブースに立っているので、海外のような雰囲気になるのではないでしょうか・・

ちなみに、以前私が行った海外での展示会では、下の写真のようにショーが行われたり、アルコールがふるまわれたりと非常に華やかな展示でした。神戸ではどうなるのでしょうかーー。

Dscn3558tile444_2

神戸大会の展示では、以下の企業ブースに弊社スタッフがおりますので、皆さまのご来場を心からお待ちしております。
アラード社:カーボン製短下肢装具
リンデ エクステンド社:義足足部

  

協賛イベントなども併設されるそうです。詳しくは関係各所にお問合せ下さい。


Photo_3

Top_20mobileapps_4

2019年9月 2日 (月)

義肢セミナーご来場ありがとうございました

8月31日(土)、9月1日(日)に、ナブテスコ社、田沢製作所合同の第10回義肢セミナーを福島、浜松にて開催いたしました。

最新の義肢パーツやテクニック、トラブルシューティング等臨床にお役にたてる情報をお伝えいたしました。

Img_0678_2

お忙しい中ご参加いただいた皆様へ改めて感謝申し上げます。

Img_0677

今後も、より判りやすくニードに合った情報を提供できるようなセミナーを開催して参りたいと考えております。


次回の開催場所は未定ですが、今後も皆様にお役立て頂けるセミナーを企画してまいりますので、どうぞ宜しくお願い致します。


Photo_3

Top_20mobileapps_4